WBSインフォメーション

11月5日は「世界津波の日」「津波防災の日」
 啓発ポスターをアップしました!

政府の内閣府(防災担当)から11月5日の「世界津波の日」「津波防災の日」

の啓発ポスターが届きました。

和歌山県のPRキャラクター「きいちゃん」や人気キャラクターの「ふなっしー」、

「くまモン」などが「津波防災ひろめ隊」を結成して、「津波!? 高いところへ!」

と訴えています。

2015年12月、国連総会で11月5日が「世界津波の日」と制定されました。

163年前の安政元年(1854)11月5日(旧暦)に発生した安政南海地震の際、

和歌山県の偉人、濱口梧陵翁が稲むらに火をつけることで津波から多くの命を救い、

その後、私財を投じて広村堤防を築堤して村を腐朽・復興に導いた

故事にちなんだものです。

また、この日は東日本大震災を教訓に2011年6月に制定された

「津波対策の推進に関する法律」で「津波防災の日」とされています。

<啓発ポスターのPDFはこちらから>

<内閣府のホームページはこちらから>