番組審議会

第555回(2011/11/30)紀南応援番組「たぁ坊、テラゾーのやりこむラジオ」

<新しい記事へ

以前の記事へ>

第555回(2011/11/30)紀南応援番組「たぁ坊、テラゾーのやりこむラジオ」
開催日時 2011年11月30日(水) AM11:00
開催場所 和歌山放送本社会議室
出席委員 駒井 則彦、前窪 貫志、斉藤 史子、谷 奈々、谷口 曻二
欠席委員 神坂 次郎、樫畑 直尚
WBS出席者 中島耕治(代表取締役社長)、中村栄三(専務取締役)、三浦恒美(取締役報道制作局長)、平井理弘(報道制作局次長)、花井歩高(報道制作部副部長)、寺門秀介(報道制作部主任)
審議番組 紀南応援番組「たぁ坊、テラゾーのやりこむラジオ」
放送日時 2011年11月26日(土) PM07:30~ 【30分間】
番組概要 台風12号の豪雨災害を受けた紀南地域の、復興に向けた動きや人々の表情を新宮支局のパーソナリティで気象予報士の引本孝之さんと寺門秀介アナウンサーが伝える。審議番組となった11月26日の放送では、奈良県五條市と新宮市を結ぶ路線バスが運転を再開した話題や、新宮駅に留め置かれたままの特急電車を名古屋経由で京都まで戻すニュースを現地の音を交えて伝えたほか、被災者同士による座談会から災害時のラジオの重要性について提言した。
委員の意見 「時宜にあった企画で応援する熱い気持ちが伝わってくる」
「構成や演出が工夫されている」
「今後は災害時の問題点を中心に、東南海南海地震の啓もうにも力をいれてほしい」
「災害時にラジオが有効であることを番組内でもっとピーアールすべき」
備 考 12月は休会

<新しい記事へ

以前の記事へ>