WBSインフォメーション

中国・山東省へファムトリップ

5月15日(月)~5月19日(金)に

友好都市の中国山東省への

ファムトリップ (観光交流)が実施されました。

特別番組「中国・山東省へファムトリップ」

2017年6月24日(土)午後0時05分~午後1時放送

 山東省訪問団一行 青島にて

 

《出演》 鈴川典之(山東省訪問団長・和歌山県企画部企画政策局国際課)

平井理弘(山東省同行取材・和歌山放送アナウンサー)

 

《番組内容》今回のファムトリップについて、現地での録音や中国での最近のヒット曲も交えながら、

                  訪問団長を務めた県・国際課の鈴川典之さんと同行取材した平井理弘アナウンサーが対談

                  形式で番組を構成します。

 

和歌山県と中国山東省は1984年に友好都市締結を行いました。(山東省は、和歌山県の初めての友好都市)               2007年に覚書を交わし、経済や文化、農業、観光の分野などで一層の交流を進めることになりました。ここ数年、お互いの職員を派遣し交流を行ってきましたが、昨年、仁坂知事が山東省を訪れたことで、観光面の交流にも力を入れることになりました。そこで、実施されたのが、今回のファムトリップです。

ファムトリップというのは、誘客促進のために旅行事業者を対象に企画された視察ツアーのことで、4月には山東省からの旅行団の一行が和歌山県を訪れました。それを受けて、5月15日から5日間、和歌山県から山東省にファムトリップが実施されました。

和歌山県の一行は、県内外の旅行業者6社、同行メディア2社、県国際課の職員2人の10人でした。

山東省は黄河の入り江に位置し、海を挟んで朝鮮半島や日本との行き来も盛んです。現在、山東航空が関空から済南や経済の中心となる青島まで、それぞれ毎日往復1便の定期便を運行し、飛行時間も済南まで約3時間半、青島まで3時間と気軽に訪れることができます。人口は約9,500万人、面積は日本の国土の約2分の1です。

今回のファムトリップを終えて、中国の賢者・孔子の言葉に「知らざるを知らずと為す、是知るなり」とありますが、初めて中国を訪れ、実は知らないのに知ったつもりになっていたことが多いことを思い知らされました。

2017年06月20日

「歌のない歌謡曲」スペシャルウィーク、6月26日~

「歌のない歌謡曲」(月曜から金曜/午前7時30分から放送)では、6月26日から30日までの1週間をスペシャルウィークとして、「アンケートに答えてプレゼントを当てよう!」企画を実施します。

アンケートの内容やプレゼントなどは、6月26日から「歌のない歌謡曲」の番組内およびホームページ( http://wbs-radio.com/utanashi/ )でお知らせします。

多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

2017年06月20日

新宮、串本、橋本エリア FM補完放送 4月1日本放送スタート

和歌山放送は2017年3月23日、総務省から、新宮、串本、九度山の

3つのFM補完中継局の本免許が交付されました。

 

各周波数と出力は

新宮中継局  94・2MHz 50W

串本中継局  92・4MHz 10W

九度山中継局 91・6MHz 20W

です。

 

和歌山、御坊、田辺エリアに続き、新宮、串本、橋本エリアの

本放送を4月1日(土)の午前10時より開始しました。

AMでもFMでもラジコでも和歌山放送のプログラムをお楽しみください。

 

 

エリア等の情報等、詳しくはFM補完ホームページでもご確認下さい。

 

 

2017年03月23日

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン音の出る信号機2基の寄贈を決定

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン

音の出る信号機2基の寄贈を決定

~和歌山県と大阪府南部にあわせて104基となります~

和歌山放送が去年(2016年)11月から今年(2017年)1月末まで募金を呼びかけてきた「第31回 wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の基金運営委員会が3月8日(水)午後、和歌山放送本社で開かれ、和歌山市と田辺市に、音の出る信号機あわせて2基を寄贈することなどを決めました。

今年度の募金総額は354万5,445円で、この基金をもとに和歌山市小野町(おのまち)の県道・小野町三丁目交差点と、田辺市稲荷町(いなりちょう)の国道424号高山寺(こうざんじ)前交差点に音の出る信号機をあわせて2基設置します。このほか、岩出市中迫(なかぶさ)の社会福祉法人和歌山つくし会つくし医療・福祉センターに屋外照明用のLED投光器を、また、和歌山県交通安全母の会連絡協議会に交通安全啓発グッズをそれぞれ贈ることを決めました。

和歌山放送では、ラジオチャリティミュージックソンのキャンペーンを毎年、展開していて、今年度も、趣旨に賛同してくれた県内の事業所や量販店、商店などに募金箱を設置したり、去年(2016年)12月24日の正午から24時間の特別番組を放送するなどして協力を呼びかけました。

第1回から今回(第31回)までの募金総額は、1億8,567万1,172円となりました。

また、今回、寄贈が決まった2基の信号機を含めると、ラジオチャリティミュージックソンによる音の出る信号機の設置は、和歌山県と大阪府南部であわせて104基となります。

 

<募金報告>

今年度募金総額   354万5,445円

第1回~第31回累計 1億8,567万1,172円

<基金運用>

1、今年度運用金額  412万5,399円

※今年度募金額に、前回までの繰越金を加えた合計額を今年度の運用金額とします
内訳:今年度募金額 354万5,445円 + 繰越金 57万9,954円 )

2、基金運用方法(寄贈先/寄贈品/目的/費用)

※上記、運用金額を下記の用途に運用いたします
内訳:
▽和歌山県/視覚障害者用信号機 2式/視覚障害者の交通安全を図るため/3,240,000円

▽社会福祉法人和歌山つくし会つくし医療・福祉センター/LED投光器YC-50(5台)/施設催事等の夜間開催の屋外照明として利用/ 99,997円

▽和歌山県交通安全母の会連絡協議会/交通安全啓発用キーホルダー(きいちゃん、シルク印刷)1,844個/高齢者への交通安全啓発で配布するため/100,000円

※今年度運用金額(412万5,399円)から上記合計343万9,997円を差し引いた68万5,402円は来年度への繰越金とします

<参考>

◎視覚障害者用信号機設置場所について◎

  1. 県道 小野町三丁目交差点(和歌山市小野町三丁目3番地先)
  2. 国道424号 高山寺前交差点(田辺市稲荷町433番地先)

◎教育機器寄贈先について◎

施設名:社会福祉法人和歌山つくし会つくし医療・福祉センター

種別:医療型障害児入所施設

所在地:岩出市中迫665

 

2017年03月08日

新春報道スペシャル「2017和歌山県出身 国会議員座談会」詳報アップしました

和歌山県選出または出身の国会議員が、一堂に顔を揃えて意見を交わす、和歌山放送恒例の「新春国会議員座談会」が、1月7日午後、2時間にわたって生放送されました。番組内容や詳報を下よりご覧になれます。

 

2015special_clic

2015special_clic

 

衆議院議員(和歌山2区)
自民党 石田真敏
衆議院議員(和歌山3区)
自民党 二階俊博

 

 

衆議院議員(近畿比例区)
自民党 門博文
参議院議員(和歌山選挙区)
自民党 鶴保庸介

2015special_clic

2015special_clic

2017年02月09日

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソンご協力ありがとうございました! 

1月31日をもちまして

2016年度のキャンペーンは終了しました。

ご協力ありがとうございました!

 

3月に開催予定の基金運営委員会にて

運用方法について審議し、発表いたします。

今後もチャリティミュージックソンへの

ご協力をお願いします!

ミュージックソンの特設ページは→こちら

 

テーマは「W(ダブル)で、つながるっ」

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン

2016年12月24日(土)正午~25日(日)正午

24時間特別番組を放送します

◆テーマ  Wで、つながるっ
「AMも、FMも。ラジオはW(ダブル)で」。
Wで、あなたとつながるメディア。ラジオを通じて助け合いのつながりを感じて下さい。

◆イメージキャラクター

Fun×Famが今年のMソン、イメージキャラクターに!

和歌山初 地域密着型アイドルグループFun×Fam

和歌山初、地域密着型アイドルグループ Fun×Fam(ファンファン)
・12月24日、近鉄百貨店和歌山店前でチャリティオークション!
・24日夜の部(21:30~22:00)にも登場!「聖夜の復活!Fun×Fam学園放送部♪」

◆24時間メインランナー

中川智美アナウンサー

中川智美アナウンサー

中川智美(wbsアナウンサー)

◆番組
12月23日(金曜日)
◆「つながるワイド Mソン直前SP」午後1時~午後4時35分
この日から、県内各地の募金基地「愛の泉」を開設します。
午後3時30分ごろから、和歌山放送本社で「チャリティオークション」もありますよ~!
黒潮市場の「高級な海の幸」等をご用意。競り人は、兄弟芸人の「すみたに」です!

12月24日(土曜日)

◆午前9時~正午「ウインズ平阪の紀州和歌山へ!」

特別番組直前情報!

24日正午~25日正午は、特別番組を放送!

<24日 正午~近鉄百貨店和歌山店から公開生放送 昼の部>
◆正午~午後5時 和歌山のおばちゃんこと桂枝曾丸さん、中川智美

お買い物がてら、近鉄百貨店和歌山店へ遊びに来てくださいね!
和歌山地域密着型アイドルグループFun×Famも登場!!オークションも。
ニッポン放送「声の握手」は斉藤由貴さん

→ニッポン放送のページへ

<24日 夕方~夜 夜の部>
◆午後5時~午後6時15分
「サタデーニュース&スポーツ Mソン版」

北尾博伸(wbsアナウンサー)

◇午後6時30分~午後7時 ~かずかずセレクション~
音楽好きすぎる!?ベテランパーソナリティ2人が、「wで。」をテーマに洋邦選曲対決

小田川和彦・土山和子

◆午後7時~午後9時30分 ~うたって、つながる!~
県内のミュージシャンが続々登場。WA!ERAメンバーによるラジオドラマも

伊舞なおみ・中川智美

◇午後9時30分~午後10時 ~聖夜の復活!Fun×Fam学園放送部♪~

人気を博した番組が一夜限りの復活!メンバーの近況や曲もたっぷりどうぞ

◆午後10時~午前1時 ~わらって、つながる!~

和歌山の芸人が続々登場。笑いっぱなしの3時間生放送!

<25日 朝~フィナーレ 朝の部>
◆午前9時~正午 本社スタジオから生放送

笠野衣美・中川智美
▽盲目の高校生ピアニスト菅田利佳さん
▽オール和歌山市ロケ 映画「ちょき」スペシャルインタビュー

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

▽声の握手 斎藤由貴さん

24時間の特別番組にご期待ください

☆クリスマスプレゼント!?

今年も、ミュージックソン特別番組では、あなたからのお便りをお待ちしています。
「いま、あなたが(誰か・何かと)つながっていると思う瞬間」
「クリスマスの思い出あれこれ」など、メッセージやリクエストをお寄せください。
抽選で5人の方にワイドFM対応ラジオをプレゼントします!

ミュージックソンへのお便りは→mu@wbs.co.jp(ミュージックのmu)

お便りの締め切りは、12月25日午前10時です。

◆チャリティオークション
お近くの会場へ、どうぞお越しください!

<23日>
午後3時30分から和歌山放送本社正面玄関(競り人:すみたに)

<24日>
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店

(競り人:鶴岡さなえ、すみたに)
午後1時からと午後3時からの2回

●田辺 扇が浜カッパーク

(競り人:桂三歩)
午後1時半から

●オークワ新宮仲之町店

(競り人:小芝陽子)
午後3時半から

◆お好み焼きでチャリティに参加!
▽今年は“赤ヘル”をイメージした「チャリティ紀州焼き」

チャリティ紀州焼き

チャリティ紀州焼き

和歌山市園部「広島流お好み焼き つかさ」のご協力で、24日夜、お店で
県内産のしらす、梅をつかった特別メニューのお好み焼きを販売します。
広島カープ優勝記念!“赤ヘル”をイメージした特別なチャリティ焼きですよ~
売り上げの一部をチャリティミュージックソンへ寄付いただきます。

<県内各地 愛の泉>

▽23日 午前10時~午後5時
〇JR和歌山駅前
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店
〇スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店
●オークワミレニアシティ岩出店
〇フォルテワジマ
●スーパーセンターオークワ橋本店
〇オークワロマンシティ御坊店

▽24日 正午~午後6時
〇近鉄百貨店和歌山店
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店
〇スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店
●フォルテワジマ
〇オークワロマンシティ御坊店
●Aコープクックガーデン(午後1時~5時)
〇オークワオーシティ田辺店(午後1時~5時)
●オークワ串本店
〇オークワ新宮仲之町店

▽25日

【和歌山市】午前10時~正午
〇JR和歌山駅前  ●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店

【田辺市】午前10時~正午
〇Aコープクックガーデン  ●オークワオーシティ田辺店

【新宮市・串本町】

〇オークワ串本店      ●オークワ新宮仲之町店

 

和歌山放送本社玄関に設置されたビッグ募金箱

和歌山放送本社玄関に設置されたビッグ募金箱

募金基地「愛の泉」にお立ち寄りの際は、ご協力よろしくお願いします。
また、1月末まで県内各地に募金箱を設置しています。

 

2017年02月01日

和歌山放送×総本家駿河屋 番組コラボの「和歌山県特産品羊羹」 11月18日(金)から発売!!

 

毎週金曜日のお昼のワイド番組「しそまるの全開!金曜日」と総本家駿河屋が

コラボレーションして生まれた第2弾の新商品「和歌山県特産品羊羹」が

11月18日(金)から総本家駿河屋の全店で発売となります。

 

「和歌山県特産品羊羹」は、番組パーソナリティの“和歌山のおばちゃん”こと

落語家の桂枝曾丸さんと中川智美アナウンサーが、

番組で「和歌山の特産品を使った羊羹」をテーマにリスナーからアイデアを募集し、

集まった約50点の中から採用されたアイデアを基に生まれた新商品です。

 

味はどれも和歌山らしい「みかん」、「醤油」、「山椒」の3種類。

 

商品名:「みかん羊羹」「醤油羊羹」「山椒羊羹」

 

価 格:みかん羊羹 半棹 500円(消費税別)

    醤油羊羹  半棹 600円(消費税別)

    山椒羊羹  半棹 600円(消費税別)

 

発売日:2016年11月18日(金)午前9時~

 

販売店舗:総本家駿河屋 

駿河町本舗、高松店、海南店、岩出店、六十谷店、中之島店

 

また11月18日(金)の発売初日には、朝9時の開店時に中之島店で

桂枝曾丸さんと中川智美アナウンサーが店頭でお客様をお出迎えしますので、

皆さま是非お越し下さい!

 

 

 

総本家駿河屋の各店舗の場所はこちらから

 

 

2016年11月15日

ラジオは新たな時代へ。10月11日(火)ラジコ「タイムフリー聴取機能」&「シェアラジオ」はじまる!

ラジオをシェアしよう!

10月11日(火)シェアラジオ、はじまる。

2016年10月11日(火)より、ラジコの新機能「タイムフリー聴取機能」がスタート。ラジオ番組放送後、1週間に限り、いつでも後から聴くことができる機能です。あなたのお気に入りの番組を誰かと共有することもできるようになります。それが「シェアラジオ」です。

民放ラジオでは、一人でも多くの方にこの「シェアラジオ体験」をしていただくために、シェアラジオ・民放ラジオ特別番組『サントリー天然水 presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー』を全国101のラジオ局で放送します。和歌山放送は10月17日(月)19時~オンエア!

シェアラジオについて詳しくは→特設HPから

タイムフリー聴取機能について詳しくは→ラジコのHPから

シェアラジオ特番について詳しくは→特設HPから

日本民間放送連盟の報道資料は→民放連のHPから

 

そもそも、ラジコとは・・・?

ラジコはラジオ受信機がなくてもパソコンやスマホでラジオを楽しむことができます。

パソコンならラジコで検索、スマートフォンならラジコのアプリをダウンロードしてお楽しみください。もちろん無料です。

通常のラジコは放送エリア内の放送局しか聴くことができませんが、ラジコプレミアムに登録(有料)すれば、全国のラジオ局をお楽しみいただけます。

さっそくパソコンまたは、スマートフォンアプリをダウンロードして、ラジオを聴こう♪

まずは→ラジコのHP(radiko.jp)をチェック

2016年09月26日

和歌山放送ワイドFM開局しました!

和歌山放送ワイドFM開局記念特別番組

AMも、FMも。ラジオはWで!」

お聴きいただきありがとうございました!

wbs和歌山放送は、5月30日(月)にワイドFMの本放送を開始いたしました。当日は、午前8時30分~午後6時30分までの10時間にわたり和歌山放送ワイドFM開局記念特別番組を放送し、ワイドFM放送開始をPRしました!

IMG_1975

13時30分、カウントダウンでワイドFM開局を祝う

 

(1)パート1(8:30~10:44 ブルースタジオから生放送)
「ワイドFMまもなく開局!ラジオはWで!」
ゲスト:和歌山大学経済学部教授で和歌山県情報化推進協議会(WIDA)幹事長の佐藤周さん
▽災害時における情報伝達▽臨時災害放送局の役割▽ワイドFMへの期待と課題について聞いたほか、▽熊本地震の発生時に情報を伝え続けたラジオパーソナリティ村上隆二さんと電話をつないでお届けしました

IMG_4945

和歌山大学経済学部教授の佐藤周さん

(2)パート2(13:00~13:30 開局記念式典 本社玄関ホールから生放送)
「ワイドFM開局記念式典 ラジオはWで!」

来賓の皆さんとともに、本放送スタートをカウントダウン!開局をお祝いしました。

(3)パート3(13:30~16:35 ブルースタジオから生放送)

「ワイドFM開局!AMも、FMも。ラジオはWで!」

160530(2)

スタジオで「夢は途中」を熱唱するTONPEIさん

160530(3)

古家学さんは田辺支局のスタジオから歌声を披露

卓越したギターテクニックを披露する濱口祐自さん

ラジオカーリポート▽和歌山・御坊・田辺 それぞれのエリアからリポートをお届けしました

IMG_4952

抽選で5人にワイドFM対応ラジオをプレゼント

(4)パート4(17:00~18:30 wbsニュース5特別版)

ニュース番組内でワイドFM開局についてまとめてお伝えしました
進行:寺門秀介(和歌山放送アナウンサー)

 

FM補完の情報はこちらから

エリアや周波数はこちらから

 

2016年05月30日

「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」好評放送中!

「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」好評放送中!

4月から、グリーンバナー・プログラム

http://www.greenbanner.jp/morino-megumi/

提供の 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」が、毎週日曜日の午後3時30分~午後4時(30分間)放送中です。

番組では、「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」(TBS系)などテレビでもおなじみの胃腸の専門ドクター・大竹真一郎先生がラジオパーソナリティーとして和歌山放送で全国初登場!

胃腸の健康に役立つ情報とともに、森林など自然を守ることの大切さをお伝えします。

大竹先生のわかりやすいトークで、胃腸を健康に保つための役立ち情報が満載です。

また、「森の恵だより」のコーナーでは自然と私たちの生活のつながりをレポートするほか、「今週の胃腸にいいレシピ」のコーナーでは健康な野菜やフルーツの体にいい食べ方を紹介しています。

また皆さんからの胃腸に関する質問なども募集しています。              

下記までどしどしお寄せ下さい。

メール:ot@wbs.co.jp                                        

ハガキ:〒640-8577 和歌山放送 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」係     

FAX:073-428-1414 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」係

皆さん、是非お聴き下さい! 

2016年04月15日

民放連連盟賞、和歌山放送がラジオCMで最優秀賞、エンタメ部門でも優秀賞

きょう(17日)開催された民放連理事会で、本年の日本民間放送連盟賞の入選作品・事績を正式に決定しました。この中で、和歌山放送は「ラジオCM第2種(21秒以上)」で最優秀賞を、「ラジオCM第1種(20秒以内)」で優秀賞を、「ラジオエンターテインメント番組部門」で優秀賞を、それぞれ受賞しました。

(さらに…)

2015年09月17日

【ラジコ】WBSが全国で聴ける!radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)4月1日スタート

パソコン・スマートフォンで聴ける「radiko.jp=ラジコ」が4月1日(火)、新しいサービスを始めます。その名も『radiko.jpプレミアム』。「radiko.jp」の配信エリアの枠を超え、「radiko.jp」に参加しているラジオ局を日本中どこにいても聴くことができるサービスです。

今回、実施する『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』には、月額350円(税別)がかかりますが、パソコン・スマートフォンの「radiko.jp」ウェブサイト(http://radiko.jp/)で会員登録することで、ラジコ参加の民放ラジオ68局のうち、WBS和歌山放送はじめあわせて60局がお聴きいただけます。つまり、『radiko.jpプレミアム』を登録しておけば日本全国どこにいても、和歌山放送を聴くことができます。

ふるさとを離れて新生活をはじめる方、出張や旅行などで一時的に地元を離れる方にも、聴き慣れたラジオ番組、パーソナリティの声を引き続きお楽しみいただけます。(特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部の番組を除きます)

詳しくは、ラジコのホームページ(http://rajiko.jp/)をご覧ください。

 

radiko

 

2014年04月01日

和歌山放送と和歌山大学が連携協定 産業・教育・防災など

地域に貢献する放送を目指して取り組んでいる和歌山放送は1月29日(水)、和歌山大学と連携協定を締結し、産業や教育、防災などの面で互いに協力していくことになりました。

具体的には、それぞれの分野での人材育成や地域振興に関する情報発信、講演会などへの講師派遣などで連携を図ります。

和歌山大学は、和歌山県・唯一の国立大学法人で、教育学部、経済学部、システム工学部、それに観光学部の4つの学部があります。

和歌山放送は、今年、開局から55周年を迎え、より地域に貢献できる放送局を目指して取り組んでいますが、その一環として、和歌山大学と連携協定を締結し、産業・経済・教育・文化・防災などの分野で地域振興を図り、相互交流を深めていくことになりました。

和歌山大学のホームページは→コチラ

2014年02月10日

【防災】和歌山放送OB・OG会と大規模災害時の放送継続協定を締結

和歌山放送は9月3日(火)、OBOG職員でつくる団体「和歌山放送春秋会」との間で、大規模災害が発生して災害報道が長期化した際、放送業務などに協力してもらうための協定書を締結しました。

和歌山放送春秋会の丸橋強会長(写真右)と和歌山放送の中島章雄社長

和歌山放送春秋会の丸橋強会長(写真右)と和歌山放送の中島章雄社長

和歌山県では南海トラフや、東海・東南海・南海地震などによる大規模災害が想定されていて、こうした災害では、発災直後から長期間の報道が求められることから和歌山放送が現有の従業員に加えて元社員でつくる「和歌山放送春秋会」に呼びかけて協力を得ることにしたものです。

協定の調印式は、3日(火)午前10時から和歌山市の和歌山放送本社で行われ、中島章雄社長と、和歌山放送春秋会の丸橋強会長が協定書に調印しました。春秋会には、和歌山放送に在籍していたアナウンサーや記者、ディレクターや技術・総務・営業担当などの経験者76人が名を連ねていて、災害時には、現役時代に培ったノウハウを駆使することになります。

2013年09月03日

  • 和歌山県民共済
  • フォルテワジマ
  • ゲンキ 和歌山市
  • 医療法人博文会グループ 児玉病院