WBSインフォメーション

和歌山放送「番組制作スタッフ・アシスタント」募集

和歌山放送では番組制作のスタッフ及びアシスタントを募集します。

 

対  象  

和歌山放送本社に通勤可能な男女

但し、20歳以上、40歳程度まで

     

資  格  

特になし、但しラジオ番組制作のアシスタント業務に

情熱を持って仕事に取り組めること

 

職  種  

①番組制作助手、番組技術助手             

②アシスタントアナウンサー

 

条  件 

①有期雇用契約(パートタイム契約)とします。

②雇用条件は採用の際、決定するものとします。

③雇用開始は、平成29年4月の予定

 

応募書類 

①写真(最近3カ月以内)を添付したプロフィール(履歴書)

②職務経歴書

③自分のやりたい仕事内容及び番組等の内容

なお、自己PRも併記すること

         

募集期間 

平成29年1月27日(必着)

 

採  用  

一次選考 書類選考(結果は2月3日までに応募者全員に連絡)

二次選考 面接・マイクテスト等を行います。

 

応募・問合せ先 

和歌山放送編成局 スタッフ募集係り

〒640-8577 和歌山市湊本町3-3

073-428-1431

2017年01月11日

新春報道スペシャル「2017和歌山県出身国会議員座談会」放送

和歌山県選出または出身の衆参国会議員の皆さんに出演をお願いし、

与野党の国会議員の皆さんが一堂に集まり、

新年の抱負や政局展望・明日の和歌山について話しあう

和歌山放送恒例の「2017和歌山県出身国会議員座談会」が、

1月7日(土)午後1時半〜午後3時半に生放送されました。

再放送は1月15日(日)午後7時からの予定です。

<出演者>
衆議院議員・和歌山2区    自民党 石田真敏氏
衆議院議員・和歌山3区    自民党 二階俊博氏
衆議院議員・近畿比例区    自民党 門 博文氏
参議院議員・和歌山選挙区   自民党 鶴保庸介氏

 

こちらから放送内容をお聞きになれます。

2017和歌山県出身国会議員座談会特設ページへ

 

2017年01月07日

新春も、wで!wbs和歌山放送ラジオ特別番組ごあんない

「AMも、FMも。ラジオはwで!」wbs和歌山放送ラジオは2017年も新春から聴き逃せない番組がいっぱい!聴き流すことなく和歌山放送の番組をじっくりお楽しみください。うっかり聴き逃しても大丈夫!ラジコのタイムフリーでどうぞ(詳しくは、radiko.jpのホームページへ

▽2017年1月1日(元日)午前11時25分~
新春特別番組「イノベーションで和歌山の未来をひらく」

新春対談の様子(県東京事務所)

株式会社産業革新機構の代表取締役会長CEOで日産自動車株式会社取締役会長の志賀俊之さんをお迎えし、仁坂吉伸和歌山県知事との新春対談をお送りします。聞き手は笠野衣美さんです

▽2017年1月1日(元日)午前11時45分~
新春特別番組「県議会議長 新年の抱負を語る」

「ふるさと」をテーマに、和歌山県議会の浅井修一郎議長にお伺いします。和歌山県の農林・漁業振興や観光振興、またこれからの和歌山を担う若い世代へのメッセージを、新年の抱負とともに語っていただきます。聞き手は赤井ゆかりアナウンサーです

▽2017年1月1日(元日)正午~
wbs新春特別番組2017「ラジオはWで!トリクミ・トリコム」

2017年元日の特別番組です。和歌山県内各地のよろこびの風景や初売り情報など、楽しくて役に立つ話題をワイド番組パーソナリテイーからのメッセージや音楽を交えてお届けします。お年玉プレゼントも!ご案内は中川智美アナウンサーです

▽2017年1月1日(元日)午後2時35分~
日本放送文化大賞グランプリ受賞作品「子どもたちの震災~しゃべっていいんだ」

ニッポン放送報道スペシャル「子どもたちの震災~しゃべっていいんだ」

東日本大震災で被災した当時小学5年生だった少年は、高校生になるまでその体験を誰にも話さなかったが、今は悲劇を繰り返さないために語り続けることが大切だと言う。震災当時、子どもたちは被災体験をなるべく語らないよう指導されていたが、被災者の治療にあたった心療内科医は、語ることで健康な心を取り戻すことができると訴える。伝えることの重要さを知った子どもたちの心が変化し、自らの役割を模索する姿を追うことで、子どもたちの“こころの復興”を描く。(ニッポン放送制作)

詳しくは→日本民間放送連盟のホームページから

▽2017年1月2日(月)/3日(火) 午前9時~午後2時
「箱根駅伝実況中継」

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走大会を文化放送ネットで実況生中継します!青山学院大学が史上4チーム目の三冠なるか?!が大会の見どころ。そして山梨学院大と國學院大に和歌山県出身ランナーも在籍、それぞれのご当地ランナーの走りにも注目です。
詳しくは→文化放送のホームページから

▽2017年1月2日(月)午後3時10分~
「りら。星降る里の小さな学校」

人口減少と超少子高齢化が進む和歌山県紀美野町の山里に、2007年4月、廃校になった小学校の校舎を活用して、和歌山県では初めての芸術学校が開校しました。りら創造芸術高等専修学校(この春、高校に移行)。通称「りら」。「生きる底力を身につけてほしい」。芸術のもつ力と可能性を少年少女の教育に活かし、地域とともに成長する学校。女性校長の理想を実現する生徒と地域の共同の学校づくりが始まって9年。学校がある真国地区にはいろいろな動きが生まれてきました。過疎化、人口減少、少子高齢化が加速度的に進む地域で、新たな地域コミュニティの拠点になりつつあります。学校は本来、コミュニティの中心として、子どもも大人も育つ場所でした。いま、全国で毎年400校から500校の学校が廃校になっているといわれます。地域における学校の役割とは?地域と学校の関係とは?全校生徒46人の小さな学校の教育と、地域の日々を追いながら、そのことの意味を考えます。(2016年5月31日(火)放送 平成28年度日本民間放送連盟賞ラジオ報道部門参加作品)

▽2017年1月3日(火)午後3時20分~
「りんこう。5つの駅の物語~地方都市の小さな鉄道」

「りんこう」とは紀州鉄道の旧名・御坊臨港鉄道の名残で、全長2・7キロの営業距離は西日本一の短さ。駅は五つで、紀伊御坊駅以外は無人駅か委託駅。小さなレールバスと、気動車が走っている。鉄道好きが高じてりんこうの駅長になった男性のまなざし。駅前の純喫茶で36年間ドリップコーヒーをいれながら娘や孫に囲まれた店主の女性。日高別院の幼稚園で元気な仏教歌を聞かせてくれた園児たち。過疎と高齢化による経営難で、小さな地方鉄道が存続の危機に直面している状況を紹介しながら、昔も今も変わらぬ生活の間をりんこうがゆっくりと走る御坊の日常の姿を録音構成でお伝えします。
(2016年5月30日(月)放送 平成28年度日本民間放送連盟賞ラジオ教養部門参加作品)

▽2017年1月7日(土)午後1時30分~
「2017和歌山県出身国会議員座談会」

激動の世界と日本、そして和歌山のこれからをテーマに、和歌山県出身の6人の国会議員が2時間の生放送で語ります。放送後、特設ページに音声をアップします
特設ページは→こちら

▽2017年1月8日(日)正午~
日本放送文化大賞準グランプリ受賞作品「RCCラジオドラマ「赤ヘル1975」」

RCCラジオドラマ「赤ヘル1975」

原爆投下から30年を経た1975年の広島、誰もがカープ初優勝という奇跡の始まりに気づいていない春に3人の少年が出会う。それぞれの環境で育ち性格も異なる少年たちは、悩んだり、笑ったり、泣いたりしながらも、赤ヘルの動向に一喜一憂し、次第に友情を深めていく。当時の野球中継を使うことで赤ヘルの快進撃、そして悲願の初優勝がよみがえる。3人の友情物語にラジオ実況を交えた構成で、失意の中から希望を失わず復興を遂げた先人たちの思いや、平和の尊さを伝える。(RCC中国放送制作)

詳しくは→日本民間放送連盟のホームページから

▽2017年1月15日(日)正午~
2016(平成28)年度AMラジオ災害問題協議会 共同企画
「いのちのラジオ~真のバリアフリーとは?」

制作:AMラジオ災害問題協議会加盟各社
放送:NHK大阪放送局・毎日放送・朝日放送・ラジオ大阪・京都放送・ラジオ関西・和歌山放送(順不同)

出演
進行:林真一郎(ラジオ関西アナウンサー)・藤原正美
コメンテイター:八幡 隆司(認定NPO法人ゆめ風基金理事)
ゲスト:大橋 グレース 愛喜恵(NHK・Eテレ「バリバラ」出演)

詳しくは→AMラジオ災害問題協議会のホームページから

▽2017年1月22日(日)午後0時15分~
ダイソー スポーツスペシャル 天皇盃 第22回全国男子駅伝 実況中継

大会のスタート・ゴールは恒久平和象徴の地・広島平和記念公園。日本三景として名高い「安芸の宮島・厳島神社」と「原爆ドーム」の2つの世界遺産を結ぶ駅伝大会屈指の注目コースで、48.0kmの距離を7人のランナーがタスキをつなぎます。当日は広島のRCCラジオの制作で全国38のAMラジオ局を結んで3時間の実況生放送!

詳しくは→RCCラジオのホームページから

2016年12月31日

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソンは来年1月31日まで続きます 

おかげさまで、特別番組は無事終了しました!

募金の受け付けは来年(2017年)1月31日まで

引き続きご協力をお願いします!

ミュージックソンの特設ページは→こちら

 

テーマは「W(ダブル)で、つながるっ」

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン

2016年12月24日(土)正午~25日(日)正午

24時間特別番組を放送します

◆テーマ  Wで、つながるっ
「AMも、FMも。ラジオはW(ダブル)で」。
Wで、あなたとつながるメディア。ラジオを通じて助け合いのつながりを感じて下さい。

◆イメージキャラクター

Fun×Famが今年のMソン、イメージキャラクターに!

和歌山初 地域密着型アイドルグループFun×Fam

和歌山初、地域密着型アイドルグループ Fun×Fam(ファンファン)
・12月24日、近鉄百貨店和歌山店前でチャリティオークション!
・24日夜の部(21:30~22:00)にも登場!「聖夜の復活!Fun×Fam学園放送部♪」

◆24時間メインランナー

中川智美アナウンサー

中川智美アナウンサー

中川智美(wbsアナウンサー)

◆番組
12月23日(金曜日)
◆「つながるワイド Mソン直前SP」午後1時~午後4時35分
この日から、県内各地の募金基地「愛の泉」を開設します。
午後3時30分ごろから、和歌山放送本社で「チャリティオークション」もありますよ~!
黒潮市場の「高級な海の幸」等をご用意。競り人は、兄弟芸人の「すみたに」です!

12月24日(土曜日)

◆午前9時~正午「ウインズ平阪の紀州和歌山へ!」

特別番組直前情報!

24日正午~25日正午は、特別番組を放送!

<24日 正午~近鉄百貨店和歌山店から公開生放送 昼の部>
◆正午~午後5時 和歌山のおばちゃんこと桂枝曾丸さん、中川智美

お買い物がてら、近鉄百貨店和歌山店へ遊びに来てくださいね!
和歌山地域密着型アイドルグループFun×Famも登場!!オークションも。
ニッポン放送「声の握手」は斉藤由貴さん

→ニッポン放送のページへ

<24日 夕方~夜 夜の部>
◆午後5時~午後6時15分
「サタデーニュース&スポーツ Mソン版」

北尾博伸(wbsアナウンサー)

◇午後6時30分~午後7時 ~かずかずセレクション~
音楽好きすぎる!?ベテランパーソナリティ2人が、「wで。」をテーマに洋邦選曲対決

小田川和彦・土山和子

◆午後7時~午後9時30分 ~うたって、つながる!~
県内のミュージシャンが続々登場。WA!ERAメンバーによるラジオドラマも

伊舞なおみ・中川智美

◇午後9時30分~午後10時 ~聖夜の復活!Fun×Fam学園放送部♪~

人気を博した番組が一夜限りの復活!メンバーの近況や曲もたっぷりどうぞ

◆午後10時~午前1時 ~わらって、つながる!~

和歌山の芸人が続々登場。笑いっぱなしの3時間生放送!

<25日 朝~フィナーレ 朝の部>
◆午前9時~正午 本社スタジオから生放送

笠野衣美・中川智美
▽盲目の高校生ピアニスト菅田利佳さん
▽オール和歌山市ロケ 映画「ちょき」スペシャルインタビュー

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

▽声の握手 斎藤由貴さん

24時間の特別番組にご期待ください

☆クリスマスプレゼント!?

今年も、ミュージックソン特別番組では、あなたからのお便りをお待ちしています。
「いま、あなたが(誰か・何かと)つながっていると思う瞬間」
「クリスマスの思い出あれこれ」など、メッセージやリクエストをお寄せください。
抽選で5人の方にワイドFM対応ラジオをプレゼントします!

ミュージックソンへのお便りは→mu@wbs.co.jp(ミュージックのmu)

お便りの締め切りは、12月25日午前10時です。

◆チャリティオークション
お近くの会場へ、どうぞお越しください!

<23日>
午後3時30分から和歌山放送本社正面玄関(競り人:すみたに)

<24日>
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店

(競り人:鶴岡さなえ、すみたに)
午後1時からと午後3時からの2回

●田辺 扇が浜カッパーク

(競り人:桂三歩)
午後1時半から

●オークワ新宮仲之町店

(競り人:小芝陽子)
午後3時半から

◆お好み焼きでチャリティに参加!
▽今年は“赤ヘル”をイメージした「チャリティ紀州焼き」

チャリティ紀州焼き

チャリティ紀州焼き

和歌山市園部「広島流お好み焼き つかさ」のご協力で、24日夜、お店で
県内産のしらす、梅をつかった特別メニューのお好み焼きを販売します。
広島カープ優勝記念!“赤ヘル”をイメージした特別なチャリティ焼きですよ~
売り上げの一部をチャリティミュージックソンへ寄付いただきます。

<県内各地 愛の泉>

▽23日 午前10時~午後5時
〇JR和歌山駅前
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店
〇スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店
●オークワミレニアシティ岩出店
〇フォルテワジマ
●スーパーセンターオークワ橋本店
〇オークワロマンシティ御坊店

▽24日 正午~午後6時
〇近鉄百貨店和歌山店
●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店
〇スーパーセンターオークワセントラルシティ和歌山店
●フォルテワジマ
〇オークワロマンシティ御坊店
●Aコープクックガーデン(午後1時~5時)
〇オークワオーシティ田辺店(午後1時~5時)
●オークワ串本店
〇オークワ新宮仲之町店

▽25日

【和歌山市】午前10時~正午
〇JR和歌山駅前  ●スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店

【田辺市】午前10時~正午
〇Aコープクックガーデン  ●オークワオーシティ田辺店

【新宮市・串本町】

〇オークワ串本店      ●オークワ新宮仲之町店

 

和歌山放送本社玄関に設置されたビッグ募金箱

和歌山放送本社玄関に設置されたビッグ募金箱

募金基地「愛の泉」にお立ち寄りの際は、ご協力よろしくお願いします。
また、1月末まで県内各地に募金箱を設置しています。

 

2016年12月25日

しそまる・智ちゃんと行く「とれたて!まんぷく!カニバスツアー」2/5(日)開催!

「しそまるの全開!金曜日」人気コンビ

”和歌山のおばちゃん”桂枝曾丸さん&中川智美アナウンサーと行く

「とれたて!満腹!かにバスツアー」

2017年2月5日(日)開催!

カニバスツアーチラシ

バスツアーチラシ

毎年大好評の、wbsラジオ人気パーソナリティと行く「かにバスツアー」。今年は北国・敦賀へご案内!!

パーソナリティは「つながるワイド~しそまるの全開!金曜日」でおなじみ落語家・桂枝曾丸さんと中川智美アナウンサー。

ツアーでは、焼きがにや、ゆで姿かに1匹などのかにフルコースを堪能できるのはもちろん、美肌の湯として知られる温泉で疲れをいやしたり、日本三大鳥居がある「気比神社」などにも立ち寄ります。

そして道中は、恒例の大クイズ大会や豪華賞品が当たる抽選会も開催して、冬の一日をたっぷりとお楽しみただけます!

参加費は、大人19,000円(バス代・昼食・旅行傷害保険代込)

参加申し込み・お問い合わせは

相互観光 073-473-3000

定員になり次第締め切りとなります。お申し込みはどうぞお早めに・・・

相互観光のホームページは→こちら

2016年12月05日

和歌山放送×総本家駿河屋 番組コラボの「和歌山県特産品羊羹」 11月18日(金)から発売!!

 

毎週金曜日のお昼のワイド番組「しそまるの全開!金曜日」と総本家駿河屋が

コラボレーションして生まれた第2弾の新商品「和歌山県特産品羊羹」が

11月18日(金)から総本家駿河屋の全店で発売となります。

 

「和歌山県特産品羊羹」は、番組パーソナリティの“和歌山のおばちゃん”こと

落語家の桂枝曾丸さんと中川智美アナウンサーが、

番組で「和歌山の特産品を使った羊羹」をテーマにリスナーからアイデアを募集し、

集まった約50点の中から採用されたアイデアを基に生まれた新商品です。

 

味はどれも和歌山らしい「みかん」、「醤油」、「山椒」の3種類。

 

商品名:「みかん羊羹」「醤油羊羹」「山椒羊羹」

 

価 格:みかん羊羹 半棹 500円(消費税別)

    醤油羊羹  半棹 600円(消費税別)

    山椒羊羹  半棹 600円(消費税別)

 

発売日:2016年11月18日(金)午前9時~

 

販売店舗:総本家駿河屋 

駿河町本舗、高松店、海南店、岩出店、六十谷店、中之島店

 

また11月18日(金)の発売初日には、朝9時の開店時に中之島店で

桂枝曾丸さんと中川智美アナウンサーが店頭でお客様をお出迎えしますので、

皆さま是非お越し下さい!

 

 

 

総本家駿河屋の各店舗の場所はこちらから

 

 

2016年11月15日

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン、Fun×Famをイメージキャラに募金呼びかけ

テーマは「W(ダブル)で、つながるっ」

第31回wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン

和歌山地域密着型アイドルグループFun×Famをイメージキャラクターに

11月1日~1月31日まで募金活動を展開します!

「目の不自由な方、からだに障害のある方に通りゃんせ基金を」をあい言葉に「wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の募金キャンペーンを今年も、11月1日から来年1月末まで県内各地で行います。
「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、北海道から沖縄まで、全国11の民放ラジオ局が同時に展開するもので、みなさまから寄せられた浄財は「通りゃんせ基金」として、音の出る信号機や、福祉施設の教育機器などに活かされています。和歌山放送では、昭和61年以来キャンペーンを実施して今年で31回目。これまでの募金総額は1億8212万5727円にのぼります。

そして「通りゃんせ基金」によって、音の出る信号機が和歌山県内では93か所、大阪・泉南地域に9か所の、あわせて102か所に贈られました今年も皆さんのご協力をお待ちしています。

また、12月24日(土)正午から24時間の特別番組を放送するほか、12月23日(祝・金)から25日(日)にかけて県内各地の量販店や駅前などに募金基地「愛の泉」を設けますのであわせてご協力をよろしくお願いします。

「AMも、FMも。ラジオはWで。」・・・ワイドFM放送がスタートした2016年。10月にはラジコの「タイムフリー聴取機能」と「シェアラジオ」の実証実験もはじまり、これまでラジオを聴いたことのなかった世代に、ラジオメディアの魅力に触れるきっかけを作りたい。ラジオを通じた助けあいのつながりがあることを知ってほしい。それが「第31回wbsラジオチャリティミュージックソン」実施にあたっての思いです。

昨年度は活動30年、寄贈できた信号機もあわせて100基と節目を迎えました。これからも和歌山のみなさんに支えられるキャンペーンであるために、気持ちも新たに取り組みを進めていきます。「ミュージックマラソン」の原点を追究し、キャンペーン期間中、そして12月23日(祝・金)、および12月24日(土)正午~25日(日)正午の24時間特別番組は音楽あふれる構成とし、愛溢れる音楽や声でみなさんとつながっていきたいと思います!!「Wで、つながるっ」

 

◆キャンペーン企画

▽『和歌山初、地域密着型アイドルグループFun×Fam(ファンファン)』が

 ミュージックソンイメージキャラクターに

Fun×Famメンバー

和歌山地域密着型アイドルグループ Fun×Fam

Fun×Famとは・・・
ふるさと和歌山が大好きな中高生の女の子で構成されたご当地アイドルグループ。結成から5年、メジャーデビューも果たし、歌にダンスにますます磨きをかけています。
・キャンペーンイメージソングは「POWER OF MUSIC(パワーオブミュージック)」
・メンバーのメッセージ入りキャンペーンスポットCMを放送
・12/24(土)公開生放送中の近鉄百貨店和歌山店前でチャリティオークション
・12/24(土)聖夜の復活!「Fun×Fam学園放送部」(1時間番組を予定)

Fun×Famの公式サイトは⇒コチラ

▽「私たちの声が、新しい時代をつくる!」
高校生参加型番組『WA!ERA(わえら)』(土14:45~16:00)メンバーの高校生や大学生もキャンペーンをPR

0402waera

高校生の参加型番組「WA!ERA」

・募金基地「愛の泉」で様々なパフォーマンスを披露
・自分たちで制作したラジオ番組をオンエア予定

▽映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演俳優の吉沢悠さん、増田璃子さんへのスペシャルインタビュー
全編、和歌山市でロケが行われた12月公開の映画。盲目の少女と美容師のちいさな恋の話を描いた作品。役作りで県立和歌山盲学校生徒と交流した様子も紹介

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

(左から)映画「ちょき」監督の金井純一さん、主演の増田璃子さん、吉沢悠さん

映画「ちょき」公式サイトは⇒コチラ

 

▽「一歩ずつ~点字楽譜がくれたもの」高校生ピアニスト、菅田利佳さん
今年、盲学校中等部を卒業して、普通科の県立高校に見事合格し、充実した生活を送る菅田さん。和歌山放送は4年前から毎年、ラジオチャリティミュージックソンの特別番組の中で彼女の成長を追いかけてきました。今年、その記録をまとめた「一歩ずつ~点字楽譜がくれたもの」が日本民間放送連盟賞ラジオエンタテイメント部門で優秀賞を受賞しました。何事にも前向きにチャレンジし、周囲の人への感謝の心を忘れない菅田さんに、高校生になった今年一年を振り返り、これからの夢を語ってもらいます。

wbsradio (5)

スタジオでインタビューに答える菅田利佳さん(写真左)

▽和歌山県内で活躍するミュージシャンによるメッセージ&演奏と歌声

県名に「歌」のつく和歌山県。県内さまざまなシーンでたくさんのミュージシャンが活躍しています。キャンペーン期間中、彼らにも呼びかけ人となってもらい協力の輪を広げます。特別番組内ではインタビュー+楽曲を続々紹介します

◆24時間特別番組
メインランナー:中川智美(wbsアナウンサー)

中川智美アナウンサー

中川智美アナウンサー

12/23(祝・金)ミュージックソン プレ特番
13時~16時30分 桂枝曾丸さん(つながるワイド Mソン版)
12/24(土)
9時~12時 ウインズ平阪・赤井ゆかりアナ(紀州和歌山へ Mソン版)
12時~17時 桂枝曾丸さん 近鉄百貨店和歌山店から公開生放送
桂枝曾丸さん、中川智美アナ、ゲストのFun×Fam
17時~18時 寺門秀介アナ(ニュース&スポーツMソン版)
18時~19時 夜の部①(完パケ)高校参加型番組WA!ERA特別版
19時~21時 夜の部②(生放送)県内ミュージシャン大集合+各地から中継
21時~22時 夜の部③(完パケ)Fun×Fam学園放送部
22時~25時 夜の部④(生放送)お笑い系タレント大集合

12/25(日)
9時~12時  朝の部 笠野衣美さん
・「一歩ずつ~点字楽譜がくれたもの」菅田利佳さん特番
・映画「ちょき」スペシャルインタビュー
12時~15時30分 小林睦郎さん(ラジオカフェ Mソン版)

◆チャリティ企画(1)

恒例のチャリティオークションを開催!おなじみのタレントが盛り上げます!

和歌山市 スーパーセンターオークワパームシティ和歌山店
近鉄百貨店和歌山店前
和歌山放送本社前
田辺市  扇が浜カッパーク
新宮市  オークワ新宮仲之町店

◆チャリティ企画(2)

こちらも恒例!和歌山市園部の広島流お好み焼きつかさにて「チャリティ紀州焼き」をwbsスタッフによる見事なコテさばきでご提供。売り上げの一部を募金にあてます!

 

okonomi(2)

しらすのうまみ、梅の風味もさわやか「紀州焼き」

情報は今後続々追加!来年1月31日までの募金期間中、県内各地の量販店や商店、企業団体に募金箱を設置しています。どうぞご協力をよろしくお願いします!!

box_poster

和歌山放送本社玄関に設けられたビッグな募金箱

 

2016年11月01日

ラジオは新たな時代へ。10月11日(火)ラジコ「タイムフリー聴取機能」&「シェアラジオ」はじまる!

ラジオをシェアしよう!

10月11日(火)シェアラジオ、はじまる。

2016年10月11日(火)より、ラジコの新機能「タイムフリー聴取機能」がスタート。ラジオ番組放送後、1週間に限り、いつでも後から聴くことができる機能です。あなたのお気に入りの番組を誰かと共有することもできるようになります。それが「シェアラジオ」です。

民放ラジオでは、一人でも多くの方にこの「シェアラジオ体験」をしていただくために、シェアラジオ・民放ラジオ特別番組『サントリー天然水 presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー』を全国101のラジオ局で放送します。和歌山放送は10月17日(月)19時~オンエア!

シェアラジオについて詳しくは→特設HPから

タイムフリー聴取機能について詳しくは→ラジコのHPから

シェアラジオ特番について詳しくは→特設HPから

日本民間放送連盟の報道資料は→民放連のHPから

 

そもそも、ラジコとは・・・?

ラジコはラジオ受信機がなくてもパソコンやスマホでラジオを楽しむことができます。

パソコンならラジコで検索、スマートフォンならラジコのアプリをダウンロードしてお楽しみください。もちろん無料です。

通常のラジコは放送エリア内の放送局しか聴くことができませんが、ラジコプレミアムに登録(有料)すれば、全国のラジオ局をお楽しみいただけます。

さっそくパソコンまたは、スマートフォンアプリをダウンロードして、ラジオを聴こう♪

まずは→ラジコのHP(radiko.jp)をチェック

2016年09月26日

和歌山放送ワイドFM開局しました!

和歌山放送ワイドFM開局記念特別番組

AMも、FMも。ラジオはWで!」

お聴きいただきありがとうございました!

wbs和歌山放送は、5月30日(月)にワイドFMの本放送を開始いたしました。当日は、午前8時30分~午後6時30分までの10時間にわたり和歌山放送ワイドFM開局記念特別番組を放送し、ワイドFM放送開始をPRしました!

IMG_1975

13時30分、カウントダウンでワイドFM開局を祝う

 

(1)パート1(8:30~10:44 ブルースタジオから生放送)
「ワイドFMまもなく開局!ラジオはWで!」
ゲスト:和歌山大学経済学部教授で和歌山県情報化推進協議会(WIDA)幹事長の佐藤周さん
▽災害時における情報伝達▽臨時災害放送局の役割▽ワイドFMへの期待と課題について聞いたほか、▽熊本地震の発生時に情報を伝え続けたラジオパーソナリティ村上隆二さんと電話をつないでお届けしました

IMG_4945

和歌山大学経済学部教授の佐藤周さん

(2)パート2(13:00~13:30 開局記念式典 本社玄関ホールから生放送)
「ワイドFM開局記念式典 ラジオはWで!」

来賓の皆さんとともに、本放送スタートをカウントダウン!開局をお祝いしました。

(3)パート3(13:30~16:35 ブルースタジオから生放送)

「ワイドFM開局!AMも、FMも。ラジオはWで!」

160530(2)

スタジオで「夢は途中」を熱唱するTONPEIさん

160530(3)

古家学さんは田辺支局のスタジオから歌声を披露

卓越したギターテクニックを披露する濱口祐自さん

ラジオカーリポート▽和歌山・御坊・田辺 それぞれのエリアからリポートをお届けしました

IMG_4952

抽選で5人にワイドFM対応ラジオをプレゼント

(4)パート4(17:00~18:30 wbsニュース5特別版)

ニュース番組内でワイドFM開局についてまとめてお伝えしました
進行:寺門秀介(和歌山放送アナウンサー)

 

FM補完の情報はこちらから

エリアや周波数はこちらから

 

2016年05月30日

「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」好評放送中!

「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」好評放送中!

4月から、グリーンバナー・プログラム

http://www.greenbanner.jp/morino-megumi/

提供の 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」が、毎週日曜日の午後3時30分~午後4時(30分間)放送中です。

番組では、「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」(TBS系)などテレビでもおなじみの胃腸の専門ドクター・大竹真一郎先生がラジオパーソナリティーとして和歌山放送で全国初登場!

胃腸の健康に役立つ情報とともに、森林など自然を守ることの大切さをお伝えします。

大竹先生のわかりやすいトークで、胃腸を健康に保つための役立ち情報が満載です。

また、「森の恵だより」のコーナーでは自然と私たちの生活のつながりをレポートするほか、「今週の胃腸にいいレシピ」のコーナーでは健康な野菜やフルーツの体にいい食べ方を紹介しています。

また皆さんからの胃腸に関する質問なども募集しています。              

下記までどしどしお寄せ下さい。

メール:ot@wbs.co.jp                                        

ハガキ:〒640-8577 和歌山放送 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」係     

FAX:073-428-1414 「大竹真一郎のきょうも胃ぃ腸し♪」係

皆さん、是非お聴き下さい! 

2016年04月15日

第30回wbsラジオチャリティミュージックソン 音の出る信号機2基寄贈を決定

第30回wbsラジオチャリティミュージックソン

音の出る信号機2基寄贈を決定

 

和歌山放送が去年(2015年)11月から今年(2016年)1月末まで募金を呼びかけてきた「第30回 wbsラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の基金運営委員会が3月18日(金)午後、和歌山放送本社で開かれ、和歌山市と新宮市に、音の出る信号機あわせて2基を寄贈することなどを決めました。

今年度の募金総額は366万6691円で、この基金をもとに和歌山市里(さと)の国道24号、里交差点と、新宮市蓬莱(ほうらい)の市道、丸山(まるやま)交差点に音の出る信号機をあわせて2基設置します。このほか、和歌山市今福の社会福祉法人愛徳園(あいとくえん)、めぐみの園に保育用のフロアーマットなどを、また、和歌山県交通安全母の会連絡協議会に交通安全啓発グッズをそれぞれ贈ることを決めました。

和歌山放送では、ラジオチャリティミュージックソンのキャンペーンを毎年、展開していて、今年度も、趣旨に賛同してくれた県内の事業所や量販店、商店などに募金箱を設置したり、去年(2015年)12月24日の正午から24時間の特別番組を放送するなどして協力を呼びかけました。そして、第1回から今回までの募金総額は、1億8212万5727円となりました。

また、今回、寄贈が決まった2基の信号機を含めると、wbsラジオチャリティミュージックソンからの寄贈による音の出る信号機は、和歌山県と大阪府南部であわせて102基となりました。

<募金報告>

今年度募金総額   366万6,691円

第1回~第30回累計 1億8,212万5,727円

<基金運用>

1、今年度運用金額 402万4,084円
※今年度募金額に、前回までの繰越金を加えた合計額を今年度の運用金額とします
内訳:今年度募金額 366万6,691円 + 繰越金 35万7,393円)

2、基金運用方法(寄贈先/寄贈品/目的/費用)
※上記、運用金額を下記の用途に運用いたします
内訳:
▽和歌山県/視覚障害者用信号機 2式/視覚障害者の交通安全を図るため/3,240,000円

▽社会福祉法人愛徳園めぐみの園/フロアーマット、ブロック(キッズコーナー用)/子どもたちの保育、日中活動、特にリラクゼーションのため/104,500円

▽和歌山県交通安全母の会連絡協議会/きいちゃんオリジナルキーホルダー1,750個/高齢者への交通安全啓発で配布するため/99,630円

※今年度運用金額(402万4,084円)から上記合計344万4,130円を差し引いた57万9,954円は来年度への繰越金とします

 

<参考>

◎視覚障害者用信号機設置場所について◎

  1. 国道24号 里交差点(和歌山市里11番地1号先
  2. 市道 丸山交差点(新宮市蓬莱3丁目8番1号先

◎教育機器寄贈先について◎

施設名:社会福祉法人愛徳園めぐみの里

種別:医療型障害児入所施設、療養介護事務所

所在地:和歌山市今福3-5-41

 

 

 

2016年03月18日

民放連連盟賞、和歌山放送がラジオCMで最優秀賞、エンタメ部門でも優秀賞

きょう(17日)開催された民放連理事会で、本年の日本民間放送連盟賞の入選作品・事績を正式に決定しました。この中で、和歌山放送は「ラジオCM第2種(21秒以上)」で最優秀賞を、「ラジオCM第1種(20秒以内)」で優秀賞を、「ラジオエンターテインメント番組部門」で優秀賞を、それぞれ受賞しました。

(さらに…)

2015年09月17日

【ラジコ】WBSが全国で聴ける!radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)4月1日スタート

パソコン・スマートフォンで聴ける「radiko.jp=ラジコ」が4月1日(火)、新しいサービスを始めます。その名も『radiko.jpプレミアム』。「radiko.jp」の配信エリアの枠を超え、「radiko.jp」に参加しているラジオ局を日本中どこにいても聴くことができるサービスです。

今回、実施する『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』には、月額350円(税別)がかかりますが、パソコン・スマートフォンの「radiko.jp」ウェブサイト(http://radiko.jp/)で会員登録することで、ラジコ参加の民放ラジオ68局のうち、WBS和歌山放送はじめあわせて60局がお聴きいただけます。つまり、『radiko.jpプレミアム』を登録しておけば日本全国どこにいても、和歌山放送を聴くことができます。

ふるさとを離れて新生活をはじめる方、出張や旅行などで一時的に地元を離れる方にも、聴き慣れたラジオ番組、パーソナリティの声を引き続きお楽しみいただけます。(特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部の番組を除きます)

詳しくは、ラジコのホームページ(http://rajiko.jp/)をご覧ください。

 

radiko

 

2014年04月01日

和歌山放送と和歌山大学が連携協定 産業・教育・防災など

地域に貢献する放送を目指して取り組んでいる和歌山放送は1月29日(水)、和歌山大学と連携協定を締結し、産業や教育、防災などの面で互いに協力していくことになりました。

具体的には、それぞれの分野での人材育成や地域振興に関する情報発信、講演会などへの講師派遣などで連携を図ります。

和歌山大学は、和歌山県・唯一の国立大学法人で、教育学部、経済学部、システム工学部、それに観光学部の4つの学部があります。

和歌山放送は、今年、開局から55周年を迎え、より地域に貢献できる放送局を目指して取り組んでいますが、その一環として、和歌山大学と連携協定を締結し、産業・経済・教育・文化・防災などの分野で地域振興を図り、相互交流を深めていくことになりました。

和歌山大学のホームページは→コチラ

2014年02月10日

【防災】和歌山放送OB・OG会と大規模災害時の放送継続協定を締結

和歌山放送は9月3日(火)、OBOG職員でつくる団体「和歌山放送春秋会」との間で、大規模災害が発生して災害報道が長期化した際、放送業務などに協力してもらうための協定書を締結しました。

和歌山放送春秋会の丸橋強会長(写真右)と和歌山放送の中島章雄社長

和歌山放送春秋会の丸橋強会長(写真右)と和歌山放送の中島章雄社長

和歌山県では南海トラフや、東海・東南海・南海地震などによる大規模災害が想定されていて、こうした災害では、発災直後から長期間の報道が求められることから和歌山放送が現有の従業員に加えて元社員でつくる「和歌山放送春秋会」に呼びかけて協力を得ることにしたものです。

協定の調印式は、3日(火)午前10時から和歌山市の和歌山放送本社で行われ、中島章雄社長と、和歌山放送春秋会の丸橋強会長が協定書に調印しました。春秋会には、和歌山放送に在籍していたアナウンサーや記者、ディレクターや技術・総務・営業担当などの経験者76人が名を連ねていて、災害時には、現役時代に培ったノウハウを駆使することになります。

2013年09月03日