大会4日目 第1試合 有田中央・貴志川

大会4日目 第1試合 有田中央 10-11 貴志川 試合終了

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
有田中央 0 1 1 3 4 0 1 0 0 0 10
貴志川 0 3 1 1 1 3 1 0 0 1 11

試合開始 午前 9時00分

試合終了 午前11時54分

試合時間   2時間54分

始球式:和歌山市立藤戸台小学校3年 岸本望希(きしもと・ほまれ)くん

 

▽先発投手

有田中央:矢船→山本

貴志川:村田→中津→川添

 

解説:井口直也さん(智辯学園和歌山高校・法政大学OB)

実況:大前一樹アナウンサー

 

大会4日目第1試合、有田中央対貴志川は、大量の点を取り合うシーソーゲームとなり、延長10回貴志川が有田中央にサヨナラ勝ちし、3回戦進出を決めました。

2回、有田中央が8番玉木のセンター前タイムリーで先制すると、その裏すかさず貴志川がエラーとタイムリーで3点をとり逆転します。その後は両チーム毎回のように点を取り合うシーソーゲームとなり、9対9の同点で迎えた終盤の7回、有田中央の8番代打・角本(かくもと)のツーベースで得点圏にランナーを送ると、続く9番國松がレフト前へタイムリーを放ち、10対9と勝ち越します。しかしその裏貴志川も、代わったばかりの有田中央の投手・山本から、7番田村がフォアボールで塁に出ると、送りバントなどでランナーを3塁に進めてチャンスを作り、1番吉田がセンター前へ同点タイムリーを打ち、試合は10対10と振り出しに戻ります。その後両チーム得点できないまま、今大会2度目の延長戦となり迎えた10回裏、貴志川の8番山本がレフト前ヒットで塁に出ると、1番吉田が右中間を破るタイムリーツーベースを放ち、11対10で貴志川が有田中央にサヨナラ勝ちしました。

勝った貴志川は、大会9日目第2試合で、箕島と南部龍神の勝者と対戦します。