大会5日目 第3試合 耐久・日高

大会第5日 第3試合 耐久3ー11日高 6回コールド

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
耐久 0 1 2 0 0 0 3
日高 0 6 1 4 0 2 13

試合開始 午後2時39分

試合終了 午前4時23分

試合時間  2時間44分

▽先発投手

耐久:工藤ー坂口

日高:楠山

解説:橋口周良さん(元田辺商業・田辺工業監督)

実況:牛尾淳アナウンサー

 

耐久は2回表、ショートゴロエラーとヒットでワンアウトランナー2塁・1塁として7番・濵野夢輝がライト前にタイムリーヒット。
1点を先制します。

日高はその裏、ワンアウトランナー2塁・1塁から9番・湯川のセンター前タイムリーヒットで同点に追いつきます。
さらにワンアウト満塁として2番・東久保が右中間を破る走者一掃のタイムリースリーベース。
この後、3番・小園、5番・村松もタイムリーヒットを連ね、日高はこの回一挙6点を挙げます。

耐久は3回表、ワンアウトランナー3塁・2塁から、パスボールで1点を返します。
なおもワンアウトランナー3塁として4番・湯川がレフトに犠牲フライ。
この回2点を返します。

3回裏に1点を追加した日高は、4回裏にも1番・永岡のタイムリーヒットなどで4点を挙げ、11対3と突き放します。

6回裏にも日高はノーアウト満塁から3番・小園のセンター前タイムリーヒットで2点を追加し、13対3でコールドゲームが成立しました。

勝った日高は、大会10日目の第3試合で紀北工業と神島の勝者と対戦します。