大会6日目 第2試合 南部・新翔

大会第6日 第2試合 南部 6-1 新翔(試合終了)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
新翔 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
南部 0 1 4 0 1 0 0 0 X 6

 

試合開始 午前11時48分

試合終了 午後1時46分

試合時間 1時間58分

 

▽先発投手

南部:周家(しゅうけ)

新翔:田中正教(まさのり)→和田

ホームラン:宮本(新翔)大会第8号 ソロ・ライト

 

解説:福田浩二さん(伊都高校・近畿大学OB)

実況:桐山隆アナウンサー

 

大会6日目第2試合、紀南勢同士の対戦となった南部対新翔は、南部が新翔を6対1で破り、3回戦に進出しました。

試合は1回表、新翔の3番宮本が、南部の先発・周家(しゅうけ)から、ライトへ大会第8号となるソロホームランを放っていきなり1点を先制します。一方の南部も2回、新翔の先発・田中正教(まさのり)を攻め、5番三上のフォアボールをきっかけに、6番周家(しゅうけ)のセンター前タイムリーで同点に追いつきます。勢いに乗る南部は、続く3回にも9番奈良のセンター前ツーベースヒットから、1番湯川のタイムリーツーベースなどで一気に4点をとり、勝ち越しに成功。ここで新翔の投手は先発の田中正教(まさのり)から和田に交代します。

3回から変わった新翔の和田は、5回に1点をとられたもののそれ以外は南部に追加点を与えず、6対1のまま迎えた9回表、新翔の2番田中健太がフォアボール、3番宮本がセンター前ヒットと最終回にチャンスを迎えます。ここで、続く4番和田が運悪くファースト真正面に飛ぶライナーとなり、1塁ランナーがタッチアウト。さらに2アウト3塁としますが、5番田中正教(まさのり)がライトフライに倒れ、点をとることができませんでした。

結局、1回のホームラン以外、新翔に得点を許さなかった南部が、6対1で新翔を下し、3回戦進出を決めました。勝った南部は、大会11日目の第2試合で近大新宮と和歌山商業の勝者と対戦します。

試合結果の詳細はこちら