高校野球

大会第6日 第1試合 和歌山南陵 0-4 智辯和歌山(試合終了)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
和歌山南陵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
智辯和歌山 0 0 0 2 0 0 1 1 X 4

試合開始 午前9時00分

試合終了 午前11時07分

試合時間 2時間7分

▽先発投手

智辯和歌山:池田陽佑

和歌山南陵:岩谷

 

解説:西岡良展さん(田辺高校・早稲田大学OB 元住友金属捕手)

実況:大前一樹アナウンサー

 

大会6日目第1試合、和歌山南陵対智辯和歌山は、シード校の智辯和歌山が和歌山南陵に得点を許さず、4対0で完封勝ちし、3回戦進出を決めました。

智辯和歌山は池田陽佑(ようすけ)、和歌山南陵は岩谷の先発で始まったこの試合、先制したのは智辯和歌山でした。中盤の4回、智辯和歌山の4番徳丸(とくまる)の左中間を破るツーベースをきっかけに、ノーアウト2・1塁のチャンスをつくると、6番東妻(あづま)がセンターオーバーの2点タイムリースリーベースを放って2点を先制します。

和歌山南陵も続く5回、7番小角(こすみ)が右中間を破るツーベースヒットで塁に出ると、8番田中が送りバントで1アウト3塁のチャンスを作りますが、あとが続かず得点できません。

2対0のまま迎えた終盤の7回、智辯和歌山の9番綾原(あやはら)と1番黒川が連続ヒットで1アウト2・3塁のチャンスを作ると、2番細川がセンターへ犠牲フライで1点を追加。智辯和歌山はさらに8回にも6番東妻(あづま)の3塁線を破るタイムリーツーベース1点を追加し、4対0とリードを拡げます。

一方の和歌山南陵は、得点圏にランナーは送るものの、智辯和歌山の先発、池田陽佑(ようすけ)の力のあるストレートを打ち崩せず、結局4対0で去年の優勝校・智辯和歌山が和歌山南陵に完封勝ちし、3回戦進出を決めました。勝った智辯和歌山は、大会11日目の第1試合で高野山と粉河の勝者と対戦します。

高校野球ニュース